我、一粒の砂なり……。 

 

IWST4979.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

舞台用語で客席に向かって舞台が緩やかに傾斜している様を、
その見た感じから「八百屋」と言います。
今はなくなりつつありますが、昔の八百屋は、野菜を見やすいように、
道路に向かって少し傾斜をつけた台に野菜を並べていました。
ここ、塚原邸を訪れると必ずこの「八百屋」を思い出します。
緩やかに傾斜した広大な敷地に、立体感溢れる庭が広がります。
庭の一番奥に行って、クルリと振り向くと、圧巻の景色が覆い被さるように僕を襲います。
ご夫妻で一日中、隅々までくまなく歩き回り、黙々と手入れをしている賜物が、
こうして僕の目の前に広がっています……溜め息一つ。
斜面のことです、気が付かないうちにお疲れでしょうに、ミッチー(奥さま)と、
フミフミ(ご主人)の飽くことなき丹精の結果の圧倒的な庭。
人生の先輩にミッチーとフミフミなんて言っちゃ失礼なんですが(笑)
心を籠めて、敬愛の念を持って敢えてニックネームで呼ばせて戴いています。

大女優、杉村春子さんが「欲望という名の電車」の時に、
この「八百屋」の舞台で、重度の外反母趾で歩くだけでも痛いのに、
高いヒールを履いて舞台中を狭しと駆けずり回っていたのを思い出します。
そして転ぶ。優雅に、まるでスローモーションのように転ぶ様を観た僕が、
終演後に楽屋でそれを指摘すると、

 「あぁら、アナタ。だってどうせ転ぶなら綺麗な方がいいじゃありませんか。」

と、ニヤッと笑ってお答えになります。
ヒロインを美しく見せることに最大の関心と、努力を持って望む……。
庭を美しく見せることに最大限の関心と努力を払う……。
こちらを訪れるとそんなことも思い出されます。

お2人とも常に手が動き、ただ歩くと言うことがありません。
訪れたお客さまに質問されるとプチ・ガーデンツアーが始まり、
1人でも多くの方に楽しんで貰い、いい想い出を作って帰って貰いたい……。
そんな心遣いがひしひしと伝わって来るようです。
僕の薔薇も全種類、育ててくださっていて、
暑さには強いけれど、どちらかと言うと寒さが苦手な僕の薔薇を、
手を替え品を替え、慈しんでくださっています。

こちらに来て陳腐な言葉は要りません。
ただただ、目を見開き、空気を吸い、風の音に耳を傾ける。

 「ホーホケキョ!」

鶯がハッキリとカタカナで囀ります(笑)
小鳥の囀りに唱和する……それでいいのだと思います。

IWST4625.jpeg
IWST4628.jpeg
IWST4629.jpeg
IWST4632.jpeg
IWST4634.jpeg
IWST4667_2017062118231740d.jpeg
IWST4666.jpeg
IWST4651.jpeg
IWST4649.jpeg
IWST4645_20170621182250a41.jpeg
IWST4654.jpeg
IWST4642_20170621182248793.jpeg
IWST4640_201706211822461f3.jpeg
IWST4637_20170621182245e67.jpeg
IWST4636.jpeg
IWST4668_20170621182318aa6.jpeg
IWST4673.jpeg
IWST4681_2017062118232226e.jpeg
IWST4683.jpeg
IWST4685_201706211823257da.jpeg
IWST4690.jpeg
IWST4691.jpeg
IWST4692_20170621182349150.jpeg
IWST4694.jpeg
IWST4695_20170621182352831.jpeg
IWST4712.jpeg
IWST4711.jpeg
IWST4710.jpeg
IWST4709.jpeg
IWST4708_201706211824187a9.jpeg
IWST4706.jpeg
IWST4704_20170621182358be9.jpeg
IWST4699_20170621182356c9c.jpeg
IWST4697.jpeg
IWST4696_2017062118235378d.jpeg
IWST4714.jpeg
IWST4717.jpeg
IWST4720.jpeg
IWST4721.jpeg
IWST4722.jpeg
IWST4725.jpeg
IWST4729.jpeg
IWST4730.jpeg
IWST4731.jpeg
IWST4732.jpeg
IWST4758.jpeg
IWST4756.jpeg
IWST4755.jpeg
IWST4753.jpeg
IWST4747.jpeg
IWST4744.jpeg
IWST4743.jpeg
IWST4739.jpeg
IWST4733.jpeg
IWST4760.jpeg
IWST4770.jpeg
IWST4772.jpeg
IWST4776.jpeg
IWST4777.jpeg
IWST4778.jpeg
IWST4779.jpeg
IWST4780.jpeg
IWST4782.jpeg
IWST4788.jpeg
IWST4837.jpeg
IWST4826.jpeg
IWST4824.jpeg
IWST4819.jpeg
IWST4809.jpeg
IWST4808.jpeg
IWST4807.jpeg
IWST4801.jpeg
IWST4794.jpeg
IWST4792.jpeg
IWST4829.jpeg
IWST4842.jpeg
IWST4843.jpeg
IWST4844.jpeg
IWST4845.jpeg
IWST4847.jpeg
IWST4849.jpeg
IWST4851.jpeg
IWST4857.jpeg
IWST4859.jpeg
IWST4883.jpeg
IWST4882.jpeg
IWST4879.jpeg
IWST4877.jpeg
IWST4876.jpeg
IWST4875.jpeg
IWST4868.jpeg
IWST4867.jpeg
IWST4864.jpeg
IWST4863.jpeg
IWST4888.jpeg
IWST4891.jpeg
IWST4892_201706211828422fd.jpeg
IWST4893.jpeg
IWST4895_2017062118290884f.jpeg
IWST4903.jpeg
IWST4906.jpeg
IWST4908.jpeg
IWST4933_20170621183005672.jpeg
IWST4927_20170621183004ca9.jpeg
IWST4926.jpeg
IWST4922.jpeg
IWST4920.jpeg
IWST4917.jpeg
IWST4916.jpeg
IWST4913.jpeg
IWST4910.jpeg
IWST4952.jpeg
IWST4954.jpeg
IWST4956.jpeg
IWST4958.jpeg
IWST4959.jpeg
IWST4960.jpeg
IWST4961.jpeg
IWST4962.jpeg
IWST4967_20170621183040c61.jpeg
IWST4976.jpeg
IWST5012.jpeg
IWST5004.jpeg
IWST4999.jpeg
IWST4995.jpeg
IWST4994.jpeg
IWST4989.jpeg
IWST4983.jpeg
IWST4981.jpeg
IWST4980.jpeg
IWST5014.jpeg
IWST5017.jpeg
IWST5021.jpeg
IWST5024_2017062118313886f.jpeg
IWST5026_2017062118314070a.jpeg
IWST5028_20170621183203b2b.jpeg
IWST5031.jpeg
IWST5036.jpeg
IWST5042.jpeg
IWST5071.jpeg
IWST5066.jpeg
IWST5063.jpeg
IWST5062.jpeg
IWST5058.jpeg
IWST5057.jpeg
IWST5054.jpeg
IWST5050.jpeg
IWST5049.jpeg
IWST5048.jpeg


夢中で撮りました。
こちらの庭に佇むと、何だか僕なんかちっぽけな存在でしかない。
我、一粒の砂なり……。

  一粒の砂を見て世界を見る
  一輪の野花を見て世界を見る
  君の手のひらで無限を握り
  一瞬のうちに永遠をつかめ……。

ウィリアム・ブレイクの詩集を思い出します。

壮大な景色に負けない写真……なかなか撮れませんが、
素晴らしい庭の胸を借りて頑張ってみました。

取り敢えず、ざっと選んだ写真が200枚……。
「写真、多い!」と苦情が聞こえて来そうです(苦笑)
ここで途方に暮れるんですが、意を決して泣く泣く160枚に減らし、
再度、全体の写真をチェックするとまたまた200枚に増え……(苦笑)
お2人がこの日、僕に一番見て貰いたかった光景をあれこれ想像し、
それを外して1枚目を決めてみました←天の邪鬼なもので、スミマセン(笑)

IWST4939.jpeg

最後にこの方……。
テラスからジィ〜っと庭を眺める姿が印象的でした。
その遠くを見詰める目は何を思うのでしょうか……。


2017年6月23日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: グリーンフィンガーズ。

tb: 0   cm: 6

△top

本当に大事にしているの……。 

 

IWST3185_201706051425521a1.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「ン?……綺麗な薔薇!」

仕事で自由ヶ丘を訪れた時、
あるブティックの店先に白い薔薇がテラコッタに植えられていました。
何の品種だろう……チョッと足が止まりましたが、
約束の時間も迫っていることだし、後ろ髪を引かれつつ打ち合せ場所へ……。

帰り際に思い出して、その薔薇のところに寄ってみると……。
な、な、な、なんと!僕の「Benoit Magimel」ではありませんか!
驚きの後に嬉しさがこみ上げて来ました。
しかも、木製の札に美しい手書きで品種名が書かれていました。

薔薇でデビューして以来、友情の証として、
または、お付き合いで仕方なく(笑)僕の薔薇を買った人もいるでしょう。
中には新苗4品種、全部、買ってくれて一言……。

 「管理はリビングの明るい窓辺でもいいの?」

そんな、薔薇に関してはまるで無知の悪友もいました(苦笑)
また、僕の薔薇ということはまったく与り知らずに、
ただ単に薔薇としての魅力を評価して買ってくださった人もいることでしょう。
自分が作り出した薔薇は僕の中の物語の完成品です。
それが世に広まり、育ててくださる方の人生にまた新しい物語を紡ぎだしていく……。
薔薇が他の植物と大きく違う点、
薔薇がここまで繁栄してきた理由なんだと思います。



IWST3159_201706051425157d7.jpeg
IWST3160_20170605142517fd9.jpeg
IWST3161_2017060514251832a.jpeg
IWST3162.jpeg
IWST3165.jpeg
IWST3166.jpeg
IWST3171_2017060514252400f.jpeg
IWST3179.jpeg
IWST3191_20170605142600015.jpeg
IWST3189.jpeg
IWST3188.jpeg
IWST3187.jpeg
IWST3186.jpeg
IWST3184.jpeg
IWST3183.jpeg
IWST3181.jpeg
IWST3204.jpeg
IWST3203.jpeg
IWST3202.jpeg
IWST3201.jpeg
IWST3200.jpeg
IWST3198.jpeg
IWST3197.jpeg
IWST3196.jpeg
IWST3195.jpeg
IWST3193.jpeg
IWST3180.jpeg
IWST3207.jpeg
IWST3208_2017060514264468e.jpeg
IWST3210.jpeg
IWST3211.jpeg
IWST3217.jpeg
IWST3228_20170605142717ab9.jpeg
IWST3239.jpeg
IWST3241.jpeg
IWST3242.jpeg
IWST3243.jpeg
IWST3264.jpeg
IWST3262.jpeg
IWST3259.jpeg
IWST3257.jpeg
IWST3254_201706051428211a1.jpeg
IWST3253.jpeg
IWST3252.jpeg
IWST3250.jpeg
IWST3249.jpeg
IWST3245.jpeg
IWST3266.jpeg
IWST3267.jpeg
IWST3268.jpeg
IWST3269.jpeg
IWST3270.jpeg
IWST3271.jpeg
IWST3274_201706051428565d1.jpeg
IWST3275.jpeg
IWST3279.jpeg
IWST3280_201706051429003fa.jpeg

さて、前置きが長くなりましたが、
先日、あけと「ルーシーグレイ」のお2人の4人であるお宅を訪ねました……。
その日は人間もへたる程の酷暑でしたが、広い敷地内にちょうど薔薇が咲き乱れ、
傾いた日差しと近くの川から吹く清々しい風の中、
素晴らしい庭を見せて戴くことが出来ました。
僕の薔薇が沢山、植えられています……。
どの薔薇も大きく立派に育てられ、手厚くされていることが分かります。

 「本当に大事にしているの……。」

ご自分より遥か大きくなった「Benoit Magimel」を、
抱き締めんばかりのジェスチャーで奥さまが仰言います。
作出者としてこれほど嬉しい言葉があるでしょうか。
既に僕の手を離れ、迎えられたお宅で新たな物語が始まっているのを目の当たりにし、
いい加減なことは出来ないと、改めて襟を正すのでした。
こちらもご家族で分担して庭仕事を楽しまれているそう……。
お母さまと娘さんの薔薇の趣味が微妙に違うのもいいのかもしれません(笑)
僕の薔薇、末長く可愛がってやってくださいね。

 「何だ、コイツが作ったのか……。」

ガッカリして抜かないでくださいね(笑)
また遊びに行かせてください、本当にありがとうございました!


2017年6月5日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

category: グリーンフィンガーズ。

tb: 0   cm: 6

△top

自在に植物を操ります……。 

 

IWST2431.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

コツコツと1人で作業されたそうです。
花が終わった夏場から、出来る作業を順番に1人で……。

毎年恒例になった豊橋の黒田さんのお宅に遊びに行って来ました。
話しには聞いていたんですけどね、庭をやり直すって……。
驚いちゃいました……まるで何事もなかったかのように、
圧倒的なボリュームで花が咲いていました。
きっと、今年は移植したてで花の調子も今一つなのではないかと思っていましたから。
鉢植えの植物の配置換えをする訳ではありません。
地植えのものをいとも軽々と、まるで魔法の尺を使ったかのようです。
既に完成されている庭です。そのどこをどう弄るのか?
興味津々でしたけど、まだまだこの先に向けて計画があるそうです。
現に数年後に刈り込まれることを念頭に、
若干、面をズラしてコニファーが数本植えられていました。
今日は撮って来た写真、1000枚を取り敢えず200枚に。
そこからどうにか167枚まで減らしましたが、
どれをどう選んでいいのやら、早々に選抜を放棄した写真、
どうぞ最後までご覧下さい(笑)

IMG_3222-2.jpeg
IMG_3224.jpeg
IWST1872.jpeg
IWST1873.jpeg
IWST1875.jpeg
IWST1877.jpeg
IWST1879.jpeg
IWST1897.jpeg
IWST1893.jpeg
IWST1892.jpeg
IWST1891.jpeg
IWST1888.jpeg
IWST1887.jpeg
IWST1886.jpeg
IWST1884.jpeg
IWST1881.jpeg
IWST1901.jpeg
IWST1911.jpeg
IWST1926.jpeg
IWST1927.jpeg
IWST1931.jpeg
IWST1940.jpeg
IWST1946.jpeg
IWST1982.jpeg
IWST2000.jpeg
IWST1993_201705202318033d9.jpeg
IWST2022.jpeg
IWST2021.jpeg
IWST2020.jpeg
IWST2019.jpeg
IWST2018.jpeg
IWST2016.jpeg
IWST2011.jpeg
IWST2008.jpeg
IWST2004.jpeg
IWST2002.jpeg
IWST2031.jpeg
IWST2047.jpeg
IWST2054.jpeg
IWST2056.jpeg
IWST2067_20170520231859a63.jpeg
IWST2089.jpeg
IWST2095.jpeg
IWST2096.jpeg
IWST2098.jpeg
IWST2099.jpeg
IWST2141.jpeg
IWST2140.jpeg
IWST2139.jpeg
IWST2135.jpeg
IWST2126.jpeg
IWST2111.jpeg
IWST2104.jpeg
IWST2103.jpeg
IWST2102.jpeg
IWST2142.jpeg
IWST2143.jpeg
IWST2147.jpeg
IWST2153.jpeg
IWST2156.jpeg
IWST2158.jpeg
IWST2162.jpeg
IWST2163.jpeg
IWST2169.jpeg
IWST2171.jpeg
IWST2259.jpeg
IWST2249.jpeg
IWST2248.jpeg
IWST2240.jpeg
IWST2227.jpeg
IWST2222.jpeg
IWST2210.jpeg
IWST2190.jpeg
IWST2174.jpeg
IWST2260.jpeg
IWST2262.jpeg
IWST2263.jpeg
IWST2276.jpeg
IWST2306.jpeg
IWST2283.jpeg
IWST2309_2017052023214952a.jpeg
IWST2315.jpeg
IWST2323.jpeg
IWST2330.jpeg
IWST2356.jpeg
IWST2349.jpeg
IWST2353.jpeg
IWST2343.jpeg
IWST2350.jpeg
IWST2344.jpeg
IWST2340.jpeg
IWST2339_20170520232159377.jpeg
IWST2335.jpeg
IWST2357.jpeg
IWST2366.jpeg
IWST2359.jpeg
IWST2377.jpeg
IWST2362_20170520232237312.jpeg
IWST2379.jpeg
IWST2381.jpeg
IWST2383.jpeg
IWST2429.jpeg
IWST2459.jpeg
IWST2457.jpeg
IWST2451.jpeg
IWST2446.jpeg
IWST2443.jpeg
IWST2442.jpeg
IWST2440.jpeg
IWST2434.jpeg
IWST2433.jpeg
IWST2461.jpeg
IWST2465.jpeg
IWST2476.jpeg
IWST2478.jpeg
IWST2479.jpeg
IWST2485.jpeg
IWST2487.jpeg
IWST2493.jpeg
IWST2497.jpeg
IWST2512.jpeg
IWST2553.jpeg
IWST2537.jpeg
IWST2530.jpeg
IWST2524.jpeg
IWST2522.jpeg
IWST2520.jpeg
IWST2519.jpeg
IWST2518.jpeg
IWST2517.jpeg
IWST2557.jpeg
IWST2559.jpeg
IWST2581.jpeg
IWST2578.jpeg
IWST2586.jpeg
IWST2588.jpeg
IWST2592.jpeg
IWST2593.jpeg
IWST2596.jpeg
IWST2597.jpeg
IWST2618.jpeg
IWST2615.jpeg
IWST2612.jpeg
IWST2611.jpeg
IWST2605.jpeg
IWST2604.jpeg
IWST2603.jpeg
IWST2602.jpeg
IWST2601.jpeg
IWST2600.jpeg
IWST2620.jpeg
IWST2621.jpeg
IWST2630.jpeg
IWST2632.jpeg
IWST2639.jpeg
IWST2642.jpeg
IWST2643.jpeg
IWST2654.jpeg
IWST2678.jpeg
IWST2681.jpeg

どうでしたか?怒濤のアップ(笑)途中で寝ちゃいませんでしたか?
色彩が溢れていますよね……まさに色彩の洪水。
でも、それが決して喧嘩せずに、見事な調和になっています。
どこをどう改装したのかは、言葉では上手く言い表せませんし、
それを写真でお見せするのは僕の役目ではないので、
いつものように美しい箇所を切り取った写真です。
しかし、今年は「May Queen」の写真を良く撮ったなぁ。
僕の「Benoit Magimel」や、前回、お土産で持参したディッキア……。
さりげなく目につくところに置いてくださる気遣い。


今日の1枚目……実際にいらした皆さんはどこだか分からないでしょう?
ガレージの前の暗がりなんです。あそこは写真的には被写体の宝庫。
所謂、ガーデン写真ではありませんけれど、
なかなか味わいのある写真が撮れる僕のお気に入りの場所。


2017年5月25日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

category: グリーンフィンガーズ。

tb: 0   cm: 6

△top

先を見越した「garage」の提案。 

 

IWST1772.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「ブノワ。さんの写真はまるで人がいないようです!」

よく言われます、
いないんじゃなくて、いないように撮っているだけです(苦笑)
ご存じの通り、ドームでの「国際バラとガーデニングショウ」は人でごった返しています。
絶対に人が写り込まないよう細心の注意を払い、
ドーム自体の構造物が入らないようにすると、カメラはどうしても下を向き、
被写体に寄って、寄ってシャッターを切ることになります。
当然、不自然な構図になることもありますが、そこは一工夫して画面を構成します。
写真は光とコンポジション!引いて撮れない分、
あたかもはじめからそれを狙っていたかのように見せるのです。


今回も素敵な光景を探しつつ、下を向いてウロウロしていると、
何やら素敵な匂いがしてきました……おぉぉ……フォトジェニック!
夢中で何枚かシャッターを切り、果たしてこちらはどちらのブース?
と、上げた視線に入って来たのは「garage」の文字……。

 「何ぁ~んだ!やっぱり!」

素敵なハズです。
豊橋に行く度に、足繁く通う園芸ファン垂涎の「garage」のブースでした。

テーマは「男子ガーデン」だそうです。
見物客からこんな声が聞こえてきました。

 「男子ガーデンだって……道理で色がないハズだね。」

色がない?……矢張り、色=花なんでしょう。
その辺りの意識は仕方ないのでしょうね。
「イコロの森」に電話を掛けてきて、

 「花は咲いていますか?」と、質問してきたり、

寄せ植えに常に花を求める感覚。
赤、黄色、ピンク、ブルー……花が咲き乱れることがガーデニング。
仕方がないのでしょう。でも果たしてそうでしょうか。

IWST1485.jpeg
IWST1487.jpeg
IWST1517.jpeg
IWST1518.jpeg
IWST1519.jpeg
IWST1557.jpeg
IWST1558.jpeg
IWST1566.jpeg
IWST1567.jpeg
IWST1569.jpeg
IWST1570.jpeg
IWST1572.jpeg
IWST1574.jpeg
IWST1576.jpeg
IWST1577.jpeg
IWST1578.jpeg
IWST1579.jpeg
IWST1580.jpeg
IWST1620.jpeg
IWST1717.jpeg
IWST1726.jpeg
IWST1771.jpeg
IWST1776.jpeg
IWST1778.jpeg

ガーデニング=花……それだけではない何か……。
「garage」の展示はそれを教えてくれています。
ガーデニング+植物+インテリア=ライフスタイル……。
どれ一つとして切り離すことの出来ない要素です。

豊橋の店舗の前面にあるガーデンから、
わざわざ店の看板を抜いて来てディスプレイしてあります(1枚目)
今や、温帯から亜熱帯になった感のある日本の気候で、
オーストラリアなどからも育成可能な植物が入るようになりました。
今の日本の住宅事情、すなわち、庭付きの戸建てではなく、
マンション暮らしの若い世代向きの室内でのガーデニングの提案。
ガーデニングは花だけではない、葉の美しさも改めて教えてくれた、
そんなこんな、時代をチョッと時代を先取りした「garage」の展示は、
新たな可能性を秘めた何かを提示してくれているようです。


2017年5月23日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

category: グリーンフィンガーズ。

tb: 0   cm: 6

△top

「Lucy Gray」のセンスが光る。 

 

IWST1528.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

もう2度と行くことはないと思っていました。
そんな「国際バラとガーデニングショウ」ですが、
春先にチョッとしたニュースを小耳に挟みました。
湘南台の「Lucy Gray」が主催者側の依頼でブースを出すらしいんです。
しかも隣はこちらも初めて出展する豊橋の「garage」……。
はぁ……行かない訳には参りません(笑)
ここで行かなくてどうする?友達として失格じゃないですか。
「Garden Diary」の安藤編集長にお願いして、
プレスで入れて貰う予定が、急遽、仕事が入って泣く泣く断念……。
そうなると行ける日がなくなっちゃうんです……困った、大いに困った。
仕方なく2泊3日の旅行の初日をキャンセル。1泊減らして、
いそいそと行って参りました、「Lucy Gray」と「garage」のブースです。
先ずは「Lucy Gray」の写真をご覧下さいね。

IWST1467.jpeg
IWST1470.jpeg
IWST1472.jpeg
IWST1475.jpeg
IWST1480.jpeg
IWST1483.jpeg
IWST1477.jpeg
IWST1490.jpeg
IWST1719.jpeg
IWST1708.jpeg
IWST1546.jpeg
IWST1537.jpeg
IWST1532.jpeg
IWST1531.jpeg
IWST1530.jpeg
IWST1526.jpeg
IWST1491.jpeg

何でも主催者側が提出してきたテーマは、
「週末 家族が集うバルコニー」だったそうです。
主催者側の隠れた希望は、初心者向けのガーデニングでしょうか。
しかしそこは、こだわりの「Lucy Gray」のお2人。
見事に主催者側の予想を裏切り(?)素敵でスタイリッシュな展示になっていました。
初心者=ヘタクソではありせん。初心者をバカにしちゃいけません。
初心者だからこそ出来る、ルールに縛られない自由な発想もあります。
ただ花が咲いているテラコッタをズラぁ~っと並べるだけではなく、
初心者や園芸のベテランまでが「うぅ~ン!」とうなる、
新しいガーデニングの在り方を見せてくれたように思います。
お母さんが花の手入れをし、お父さんの秘密の隠れ家があり、
その廻りを子供たちが走り回る……そんな光景が浮かびます。
スタイリッシュだけど手のかからない植物選びは、
今時の時間のない勤め人にも簡単に手が出せそうですし、
育てること、上へ上へと伸びる植物の変化を楽しむ植栽は、
ベランダと言う限られたスペースを縦に有効に使います。
日々の単調な生活に変化と喜びをもたらしてくれそう……。
初心者のためのと言いつつ、ベテランまで楽しめる展示が素敵でした。

一際、僕の目が釘付けになったのは、
まるでムカゴが割れて花になったかのようなクレマチス(笑)
ヴィオルナ系の「イアンシナ」と言うらしいです。
優しい奥さまに無理を言って探して貰っちゃいました!
こうして僕の家へ新しい一つのクレマチスがやって来て、
オレンジの器が美しい多肉植物の寄せ植えなども参考になり、
色々な可能性を提示してくれた「Lucy Gray」の、
お2人に感謝、感謝です!


2017年5月21日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

category: グリーンフィンガーズ。

tb: 0   cm: 6

△top