FC2ブログ

Category: バベットの晩餐会。

季節を味わう……「口福 よこ山」」 

2019/05/24 Fri.

IMG_3976-2.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
季節、季節、旅先の特産品、名物料理など、
あれこれ考えながらレストランや店を決めるのは、
旅の計画の一番の楽しみでもあります。
 
今回の金沢旅行……。
どうしても外せない店がありましたから、
初日の夜、どこで食べるか大層迷いました。
あれこれ考えた末、矢張り金沢は和食……と、言うことになり、
決めたのは片町の繁華街にひっそりと佇む「口福  よこ山」でした。
ランチの後、西茶屋街を散策して早々にお土産などを確保。
これで義理人情は果たせたとばかり、気も軽くなり、
時間、丁度に訪れた「口福  よこ山」……。
5月の旬の食材を使った美味しい料理、
美しい器、盛り付け、丁寧に下拵えされた食材が、
物凄い数の小さなタッパーウェアに小分けにされていたり。
それから僕的に楽しかったのは、1つ1つの料理を説明する板さんの口上が、
何やら老練な俳優の長台詞みたいだったこと。
1つ1つの食材の産地、料理方法、その他の情報を、
淀みなく説明して下さいました。
 
 
IMG_3978-3.jpeg
IMG_3979-3.jpeg
IMG_3981-4.jpeg
IMG_3980-3.jpeg
IMG_3982-2.jpeg
IMG_3983-2.jpeg
IMG_3985-2.jpeg
IMG_3984-2.jpeg
IMG_3986-2.jpeg
IMG_3987-2.jpeg
IMG_3994-2.jpeg
IMG_3989-2.jpeg
IMG_3991.jpeg
IMG_3992.jpeg
IMG_3993-2.jpeg

矢張り和食は八寸が楽しいですね……。
藤の花があしらわれた屋形船の過ぎの屋根を取ると、
また愛らしい料理が幾つも顔を出します。
季節の桜の花と鍔をデザインした、
輪島塗のアンティークの漆器に霧が吹いてあります。
これは「誰も触っていません。あなたのために料理しました。」と言う、
おもてなしの心を表す意味があります。
日本人に生まれながらまだまだ知らないことが沢山あります。
その知らないところが一番大事だったりする訳です。
 
若い頃は考えもなしに外国に旅をしていましたが、
最近はもっぱら国内旅行です。日本っていいですもんねぇ。
その良さを知らないで過ごすなんてあまりにも損ですから(苦笑)
「口福  よこ山」はまた次回、お世話になりたいです。
 

2019年5月24日

ブノワ。

★Copyright © 2005~2019 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 向き向きの花束。

大丈夫か……危機感の欠如。 

2019/05/22 Wed.

IWST2208 - バージョン 2
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
以前「一億、総カメラマン。」と言う記事を書きました。
携帯電話、スマートフォンを持っていると言うことは、
ほぼ、全ての人が日常的にカメラを携帯している言うことです。
凄い世の中になりましたよね……誰でも気軽に写真が撮れちゃう。
しかも、写真だけではなくて今や動画が当たり前になって来ている……。
写真なんかチョッとしたことで、プロ顔負けの1枚が撮れることも……。
勿論、プロフェッショナルの技術、知識は凄いし、
キチンと撮ったら太刀打ち出来ないのだけれど、
写真って出会い頭の「奇跡」が起きる時があります(笑)
計らずしていい写真が撮れちゃう……そんな瞬間です。
 
今や、世の中を見回してみると、
アマチュアとプロフェッショナルの境目が無くなりつつある厳しい世の中ですが、
一番それが顕著なのが写真の世界じゃないかな?僕はそう思います。
名刺の肩書きが「写真家」「カメラマン」で、
実際は本業以外の副業が忙しい人、沢山、知っていますしね……。
 
 
さて、先日の屋久島の記録的な豪雨のニュースを見ていて驚きました。
驚いたって言うよりは、呆気にとられたって言う感じ……。
ニュースで使われている動画ね……アレって避難している最中の、
遭難した人が自分で撮っている訳です(苦笑)
安全な遠くから離れて人事のように……じゃないです。
まさに、今、命からがら避難している最中に動画……。
命知らずと言うか、怖いもの知らずと言うか、余裕あるんですねぇ。
(もしかしてガイドの方が撮影なのかな?)
雨で滑る吊り橋の上の避難しながら、
フと横の物凄い勢いで流れる濁流にカメラを向ける……コワい。
滝のような激流が落ちて来るトロッコ列車の道とか……。
天気のいい日でもチョッと危ないところを豪雨な訳です……。
足下、覚束ないですよねぇ……スマートフォンに気を取られていて大丈夫?
もっとも、赤ん坊を胸に抱っこしながらスマホを弄り、
階段を下りる、超人間な若い母親もいますしね……朝飯前か。
命の危険は感じなかったのかしらン?もしも自分なら?そうも思います。
命の危険がない安全な場所にいたらスマートフォンを出していたと思いますが、
足下も覚束ない激流&豪雨の中でスマートフォンを出すか?……否です。
事故や事件に居合わせるって千載一遇のチャンスなのでしょう。
写真(動画)は一瞬の芸術です。その場に居合わせることが大事。
でもねぇ……命の危険を顧みずカメラを取り出すことは有り得ません。

工事現場で巨大な鉄骨をクレーンで吊っている下を平気で歩くとか、
普通に列車が走っている線路構内に入って写真を撮るとか……。
インスタ映えを狙っての自撮りで亡くなる人多いですよね。
この場合は人間の進化じゃなくて、退化ね。
身に降り掛かる危険を察知する本能が著しく欠如して来ています。
もしもですよ、もしも吊り橋から足を滑らせて、
転落していたとしたら?避難させるだけでも精一杯なのに、
捜索隊の皆さんも危険にさらすことになる……。


航空機の事故とかね、今、当たり前のように、
視聴者提供の動画でニュースが成り立っています。
防犯カメラの映像もそう。犯罪抑制や捜査に欠かせないのは分かっているけれど、
それが当たり前のごとく使われていることに疑問を感じます。
カメラを持ち歩くことが当たり前な時代。
街のいたるところに監視カメラが設置されていることが当たり前な時代……。
この僕の不思議感も時間が経てば当たり前になるんでしょうねぇ。


写真は屋久島の濁流ではなくて、
北海道の清流です……僕にはこれでもコワい気が……。


2019年5月22日

ブノワ。

★Copyright © 2005~2019 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: グリーンフィンガーズ。

もしかしてグリーンフィンガーか? 

2019/05/20 Mon.

IMG_4097-2.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
今や泥沼と化した感のある(笑)
ディッキアとチランジア(エアプランツ)は、
今のところ水遣りに試行錯誤の毎日なんですが、
どうやら暖かくなって来て、中心部がモリモリして来ました。
何となく水遣りのコツは覚えたかな?フフフ……。
 
さて、両方とも月に2回、しっかりと水遣りしますが、
せっせと水を上げていてハッとしました……。
少し前に訪れた「Lucy Gray」で譲って貰ったディッキア……。
何となく中心部にモッコリしたものが出来ていたんです……。
あらら……もしかして、もしかしなくても?
あははははは!蕾じゃないですか、蕾ぃ!
えへへへへへ……僕ってもしかして僕ってグリーンフィンガー?
その蕾はあれよあれよと言う間にグングンと伸びて行き、
30センチほど伸びた先に蕾がつきましたぁ!あはは!
そして、黄色い花が下から順番に咲き始めるじゃないですか。
甘くて凄くいい匂いがするの……なんだかとても嬉しいかも……。
植物好きの知り合いに話したら、
 
 「そんなもの誰がやっても咲くでしょう?」
 
だって……。
可愛くないですよねぇ。絶賛しろとは言わないけれど(笑)
「へぇ、凄いじゃない?」とか、
「良かったね!」くらい言っても良さそうなものなのに。
元々が、僕の場合、ディッキアは花を咲かせることに重きを置いていないんです。
やっぱり、ディッキアの魅力はその猛々しい葉でしょう。
だから、思わぬご褒美?なんだか嬉しくなっちゃって、
他のディッキアもしらみつぶしに蕾を探しちゃいました(笑)
さらに可愛さを増したディッキア……ま、現金なもんですね。
 

2019年5月20日

ブノワ。

★Copyright © 2005~2019 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: バベットの晩餐会。

並ぶのは、イヤ、イヤ! 

2019/05/18 Sat.

IMG_4442.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
よく友人たちに我侭だって言われますが、
何がイヤかって列に並ぶこと……です。
今や映画館は事前に全席指定となりつつありますが、
映画、演劇のチケットの確保や、イベントでの行列、
特にイヤなのが、食事をするために並ぶこと。
予約を受けていない店には極力行かないようにしています。
よくテレビでやっている「行列のできる店」……有り得ませんって(苦笑)
唯一、並んでもいいのは北海道は旭川の「大黒屋」と、
札幌はすすきのの「めんよう亭」かな……って、
両方ともジンギスカンじゃない(笑)
 

IMG_3971-2.jpeg
IMG_3970-3.jpeg
IMG_3973-2.jpeg
IMG_3974-3.jpeg

さて、金沢で自分で決めた掟を破りました。
って、大袈裟ですけど、わざわざ足を伸ばして食べに行った朝食の店で。
人気の店らしいのは分かっていましたけど、朝食でしょう?
高をくくって訪れた「ひらみぱん」……長蛇の列でした(苦笑)
地図上ではまだまだ先なのに、Tが「あそこでしょう?」って。
遠くから長蛇の列が見えたらしいです。
僕は帰ろうと思ったんですが、Tが「折角だから。」って。
そう?今、満席になったばかりだよ?
午前中の予定が 全部パー、狂っちゃうけど?
ま、いいです、そうだよね、折角だもんね。
旅先でわざわざ朝食を食べに行くことなんてないしね。
 
時間を書くと角生えちゃうけど(笑)
1時間30分近く並んでようやく入れました。
システムがよく分からないのですが、
朝食は、クロックマダムとキッシュのセットの2種類。
セットには本日のスープを付けることが出来ます。
それからもう1つ、店先で買い求めたパンを店内で、
飲み物と一緒に食べることが出来るそうです。
僕らはクロックマダムね。あまり食べないですけどね、クロックマダム。
僕はどちらかと言うとクロックムッシュの方が好きだから。
 
なかなか美味しかったです。
1時間30分並んで食べてなかなか美味しかったって言うことは、
普通に入れたら凄く美味しかったって言うことですかね。
スタッフの感じも良かったし、チョッと嬉しかったのは、
飲み物は珈琲を頼んだんですが、カップを持ち上げると、
ソーサーに小さな切り紙の四葉のクローバーが……。
こういう小さな心遣いが何とも嬉しいです。
一事が万事、そう言う店なのでしょう。
次回の金沢では、是非ともディナーで訪れてみたいと思いました。
居心地良さそうだし、シンプルでいいかも。
 

2019年5月18日

ブノワ。

★Copyright © 2005~2019 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: バベットの晩餐会。

先ずは金沢のランチから……。 

2019/05/16 Thu.

IMG_4158.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
連休中に親友と金沢に行って来ました。
折角の金沢です、1泊では寂しいですね、
親友の休みを遣繰りして貰って2泊確保しました。
さて、次はどうする?観光とか食事のこととか……。
僕、金沢はもしかしたら京都よりも好きかもしれませんが、
こと、観光となると、圧倒的に京都の方が見るべきところが多いです。
それは比べ物にならないくらいに京都の圧勝。
ですから、今回は観光と言うよりは、どちらかと言うと食い気ね(苦笑)
いい大人なんだし、いいものをキチンと食べたいです。
 
普段はあまり見ないのですが、
インターネットの検索サイトのお世話になりました。
2泊だとキチンとした食事は頑張っても5回です。
(朝食は食べないことが多いから……。)
昼食と晩ご飯……さて、どこにするか?
 
バランス良く食べたいです。金沢と言うと矢張り海鮮でしょうか。
市場で並んで海鮮丼を食べる気はさらさらありません。
海鮮……僕的にはそこにあまり魅力を感じないのだけれど、
和食、それから寿司、イタリアン、フレンチ……。
あれこれ算段していたら、夜は2回とも和食と相成りましたので、
ランチは2回とも洋食、地元の人気の食堂も魅力的だったけど、
ビストロ2軒になりました。今日は先ず、ランチのことなどを……。
 
新幹線で金沢に着いて、先ず、訪れたのは「Restaurant N(レストラン・エンヌ)」
 
IMG_3957-2.jpeg
IMG_3958-3.jpeg
IMG_3959.jpeg
IMG_3960-2.jpeg
IMG_3961-2.jpeg
IMG_3962-2.jpeg

繁華街から少し離れたところにあります。
天井が高く、ゆったりと席を置いた店内は高級感が漂います。
1枚ジャケットなんかを羽織って行きたい雰囲気かな。
旬のホタルイカの前菜、魚料理にも肉料理にも、
春の食材が沢山使われていてなかなかの美味。
このレストランにはメニューがありませんが、
お任せで委ねてみるのもまた一興です。
 
 
2日目のランチは「Heritage(エリタージュ)」です。

IMG_3963-2.jpeg
IMG_3964-2.jpeg
IMG_3965-2.jpeg
IMG_3966-2.jpeg
IMG_3968-3.jpeg

香林坊にほど近い「Heritage」。
昼からだからかな?シェフが1人で切り盛りしていました。
こじんまりとした店内は居心地が良さそう。
おそらく近隣のマダムたちがランチしていました。
入店はそれぞれ時間差ですが、手際良く、待たせずに、
料理が提供されるのは段取りがとてもいいのでしょう。
海鮮を使った前菜には矢張りホタルイカ。
肩肘張らずに伺えるので、次回は夜にでも……。

はぁ……昼から飲むワインって酔いますねぇ(苦笑)
午後はそれぞれ大事な用事があったんですけどね……。
果たして大丈夫か?大丈夫なんでしょう、きっと(笑)
 
 
2019年5月16日

ブノワ。

★Copyright © 2005~2019 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 薔薇の名前。

「バラぐらし〜素敵なバラに包まれて〜」 

2019/05/14 Tue.

18AU6207.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
ガーデニング・シーズンの幕開けです。
麗しい薔薇の季節がやって来ました。
 
今日は友人と2人、池袋の西武デパートで開催されている、
「バラぐらし〜素敵なバラに包まれて〜」展の、
初日に遊びに行って来ました。
 
 
西武ドームで開催されていた「国際バラとガーデニングショウ」が去年で終了。
開催すればしたで、やれマンネリだのやれ面白くないだの……。
確かに企画も頭打ち、手を替え品を替えても毎回〜同じ先生方の展示は、
そう言われても仕方のない部分も多々ありました。
神田 隆さんの「ターシャ・テューダー素足の庭」は圧巻でしたし、
南青山の「カントリーハーベスト」の深野俊幸さんの登場も、
マンネリ化したショーに新風を巻き起こしエポックメイキングな出来事でしたが……。
結局、迷走につぐ迷走で、僕も最後の数年は行かないで終わってしまいました……。
大きな箱を薔薇をテーマに纏めることの難しさも実感しました。
新しく、珍しい薔薇が会場で買える……そんな絶好の場でもありましたが、
それも、今やネットでワンクリックで買える時代ですしね。
しかし、皆さん勝手です(苦笑)文句を言うは易しで、無くなってみれば寂しいと……。
 
薔薇に限らずガーデニング業界は不況と言われています。
それは今の住宅事情を考えれば仕方のないことで、
若い世代はマンション暮らしが主流、上へ上へと空を目指し、
念願叶って戸建てを購入しても、庭を持つなんて夢またそのまた夢……。
手を伸ばせばすぐお隣の敷地……駐車場の確保だけで精一杯です。
植物に対するありようが激変した昨今、
花は綺麗だけれど、それを庭で育てて慈しむ若い世代が減りました。
好きだけれど、住まいの条件がそれを許さないのです。
ニュージーランドやオーストラリアから、
室内でも楽しめて手間のかからない変わった植物が輸入され、
それらを求めて休日にカップルで園芸店を訪れる人たちも多いです。
それから植物は育ちます。衣類のように流行り廃りで、
ポンポン買い替える訳にも行きませんしね。
 
手間も暇もかかる薔薇を育てて愛でる……。
なかなかどうして、夢またそのまた夢になって来たようです。
 
 
さて、そんな中、
薔薇と一緒に暮らすことをテーマとした今回の「バラぐらし〜素敵なバラに包まれて〜」。
デパートの催事場と言う限られたスペースの中で、
薔薇を育てることだけではなく、薔薇に関した衣食住の提案が沢山されていました。
 
IMG_4516-2.jpeg
18AU6211.jpeg
IMG_4514-2.jpeg
IMG_4512-2.jpeg
IMG_4509.jpeg
IMG_4518.jpeg
IMG_4507.jpeg
IMG_4508.jpeg
IMG_4511.jpeg
IMG_4528.jpeg
IMG_4520.jpeg
IMG_4513.jpeg
IMG_4525.jpeg
IMG_4519.jpeg
IMG_4523.jpeg
IMG_4521.jpeg
IMG_4515-2.jpeg
IMG_4510-2.jpeg
IMG_4524.jpeg
IMG_4522.jpeg
IMG_4517.jpeg
IMG_4526.jpeg
IMG_4527-2.jpeg
18AU6188.jpeg
18AU6198.jpeg

薔薇と文化は同義語です……。
薔薇の歴史は人の歴史とともにありました。
夥しい数の芸術が薔薇を元に生み出され、
共存共栄、お互いに影響し合って来たのです。
これからもそうありたい……願う方達の力と夢が、
一つになって形となった今回の「バラぐらし〜素敵なバラに包まれて〜」……。
 
木村卓功さんの最新品種「Shalimar」は、
美しさと華やかさ、そして何よりも強健!薔薇の1つの完成形です。
河合伸志さんのデザインは決して絵空事ではなく、
実際に楽しめる植栽のヒントが隠されています。
「木ごころ」の田口裕之さんの独特のセンスが光る植栽。
土屋ますみ先生のハンギングが会場の入り口を飾ります。
僕的には、なかなか実物を見ることが叶わない、
安蔵 博さんのアレンジが見られたことも嬉しかったです。
それらの個性を見事に纏め上げた宮本里美さんのセンス……。

20日まで開催中です。どうぞ皆さん、
お友だちをお誘い合わせの上いらしてみて下さい。


2019年5月14日

ブノワ。

★Copyright © 2005~2019 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 8
TB: 0

page top

Category: 向き向きの花束。

12連休が終わって……。 

2019/05/12 Sun.

IMG_3946-2.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
 「10連休!10連休!10連休!……。」
 
連呼してみたものの、よくよくスケジュール帳を眺めてみれば、
たったの7連休しかありませんでした。
たったのって言ったら叱られちゃいますね……。
世の中には休みなく働いている人もいますから。
でも、それもこれも自身が選んだ道。
正月に働こうと、ゴールデンウィークがなかろうと、
他できっとバランスが取れているハズ……そう思いましょう。
 
なんだ、7連休か……。
連休の途中に仕事の依頼をして来たお得意さんに、
 
 「僕の10連休はどうしてくれるの?」
 
冗談めかしてそんな不満をぶっつけることが出来るくらいにいい関係(笑)
お金じゃなく、気持ちよく仕事をする……これが僕の最優先課題です。
兎に角、連休は休もう!そう決めていましたから、
本を読んで金継をして、映画館三昧……。
そう思っていたんですけど、やっぱり貧乏性ですね(苦笑)
時間的に自由が利く親友のTを誘って金沢に行って来ました。
京都?……とも思いましたが、あの人混みを思い浮かべたら無理(苦笑)
京都の方が観光は充実しているんですけどねぇ……。
 
今回の金沢は食い倒れ&暴飲暴食の旅でございます(笑)
きっと何を食べても美味しいのでしょうけど、
この年になって長蛇の列に並んだりするのは憚られるし、
多少、お高くてもいいものを食べたいのが人情です。
チョッと検索すると海鮮丼がドォォォォ〜っと出て来る……。
丼物で1食が終わっちゃうのはとてもイヤだし……。
悪友Mの名台詞にも感化されました。
 
 「人生あと30年として、1日2食、21900食しか食べられないんだよ!」
 
変なものは食べたくないですよね……。
宿を取り、新幹線の指定席を確保し、
あとはレストラン選びと予約になります。
観光?今回はチョッといいかな?
「金沢21世紀美術館」くらいは覗いてみたけれど……。
他にもやってみたいこともありましたが、それはまた今度。
 
 

実はですねぇ……よくよくスケジュールを見たら、
4月30日から昨日まで休みだったんです(笑)
10連休どころか12連休ね……もう廃人同然です(苦笑)

金沢の様子、それから楽しかった小旅行のことなどは、
追々、写真を整理しつつアップ出来れば……そう思っています。
今日の写真は「金沢21世紀美術館」で撮った1枚です。
さぁさぁ、先ずは2泊3日、酒池肉団子、金沢珍道中の始まりです(笑)
 

2019年5月12日

ブノワ。

★Copyright © 2005~2019 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: グリーンフィンガーズ。

丸々1日……「宿り木」レッスン三昧。 

2019/05/09 Thu.

18AU5777_20190509165407c6c.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
「宿り木」の番長にはいつもお世話になっています。
折々に記念のアレンジや、楽屋見舞い、個展のお祝いのアレンジなど……。
ダダ下がりの僕の株価が急上昇する時でもあります(笑)
楽屋見舞いなどは、届けて戴き、取り敢えず廊下に借り置きしてあると、
皆、足を止めて「いい花だねぇ……。」と、感想を漏らして行くそうです。
 
お願いしたアレンジがどんなものか、
番長のブログで見るのも楽しみの1つです。
様々な用途別にアレンジされた草花……。
それらを見て、また次のインスピレーションを受けたりします。
……って、いつもお任せになっちゃうんですけど(苦笑)
 
さて、毎日のように番長のブログを拝見していて、
たまに身を乗り出してしまう時があります。
そう、特別レッスンの告知があった時です。
今回はゴールデンウィーク真っ最中に何日かに渡ってのレッスンです。
生憎、連休前半は旅行なので、3日の午前と午後、
2つのレッスンを受けるべく申し込みをさせて貰いました。
丸1日「宿り木」にて番長のレッスンです(笑)
番長の凄さ、センスの良さを丸々吸収してやる!
と、意気込んで行って参りました。
 
 
IMG_3902.jpeg

午前中はエンジェル……天使の羽根の形をしたドライの飾り。
花は好きですけど、普段から触り慣れていないし、
大体が、お題を聞いてもピンと来ないので、
いつものように五里霧中の手探り状態。
番長の説明を受け、何となくイメージしては見るものの、
なかなか完成形と言うものが明確になりません……。
ウゥ〜む、エンジェルの羽根と言うよりは間延びした勾玉だな(苦笑)
基本の花の位置は番長から教えて貰った場所に付けますが、
皆さん、それぞれ個性が出ますね。
女性なのにダイナミック!ボリュームがあって素敵かも。
 
 
IMG_3904.jpeg

午後は日陰に適した植物を使ったリース型のハンギングです。
午後からは暇を持て余したあけも参戦(苦笑)
さて、午後の部は難しいかったです。植物の種類は皆同じです。
ラウンドの大きさも一緒。さて、では、どうやって個性を出すか?
僕は手袋がキライなので素手で土弄り。
大体の感じが見えたところで、枯れ枝の登場!
さて、これを組み合わせるとなると話しが違って来ます。
じゃんけんポンで早いもの順にカットされた枝を選びます。
僕は3番目ね。なるべく自然な感じのものを……で、一番ゴツいの選んじゃった(苦笑)
枝を台にシッカリ留めて、植物を植え込んだら、
ここで枯れたブドウの蔓登場!一気に自然な風合いになります。
どうやって個性を出すか?そんなこと考えていましたけれど、
この段階になると、皆さんそれぞれキッチリ個性が出て面白いですね。
あけもそれなりでした。ただ、触った植物はスグに枯れると思うけど、あはは!
 
さて、どうでしょう……これでいいのか?
生徒の完成作品は、出来上がった順番に番長による撮影がありますが、
果たして番長の目にはどう映ったでしょうか?
 
 「あぁぁ……こんなところにこんなもの刺しちゃって……。」
 
とかね、きっとお思いだったことと思います(笑)
 
僕自身の採点?そうですねぇ……。
点数はどうだか分からないけど、
自分でもこれだけは自慢出来ると言うものがあります。
それは、時間内に何とか形にしちゃうって言うところ……。
これは昔取った杵柄、仕事柄、時間厳守だったことが原因です。
ここまでは出来ているけど、あとは手が付かなかった……。
それでは許されないですから。今の仕事もそうね。
完全に全部手を掛けて、さらに時間内でどれだけクォリティーを上げられるか?
時間がないからまた今度……では済まないんです。
時間内に仕上げてどれだけクォリティーを上げるか……大事なのはそこね。
だから何となく形にはなっているかな?
ハンギングの方はこれから育ちますから、隙間もみっちりとして来るかな?
番長に言われた通り、帰ってから水を上げたらシャキッとしました。
ユキノシタは愛らしい白い花が咲いちゃったし……。
欲張って、一番大きくて太い木の枝を選んだものだから(笑)
とても重くて玄関の扉には掛けられませんでしたけど、
玄関先に平置きにして楽しんでいます。
 

IMG_3897.jpeg
IMG_3901.jpeg
IMG_3895.jpeg
IMG_3894.jpeg
IMG_3890.jpeg
18AU5766.jpeg
18AU5785.jpeg
18AU5790.jpeg
18AU5775.jpeg
18AU5780.jpeg
IMG_3898.jpeg
18AU5769.jpeg
18AU5787.jpeg
18AU5772.jpeg
18AU5760.jpeg
18AU5776.jpeg
18AU5773.jpeg
IMG_3893.jpeg
IMG_3892.jpeg
18AU5789.jpeg
18AU5770.jpeg
IMG_3900.jpeg
18AU5793.jpeg
18AU5761.jpeg
IMG_3887-3.jpeg
18AU5771.jpeg
18AU5763.jpeg
IMG_3888.jpeg
IMG_3896.jpeg

それから今日は特別にお願いして撮影させて貰った店内の様子……。
何とも素敵ですね。市場で花を選ぶ時って、
すでに様々なアレンジの形が頭の中に浮かんでいるのかな?
それとも好きな花材を仕入れた中からインスピレーションが浮かぶのかな?
今度は番長を質問攻めにしてやろうっと!(笑)
 

2019年5月9日

ブノワ。

★Copyright © 2005~2019 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 旅の栞。

小布施ワイナリー。 

2019/05/07 Tue.

IMG_3881.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
欣喜雀躍とはこのことを言うのでしょう……。
 

事の次第は先ず数年前の「三水館」でした。
11年間も夢に見た「三水館」
……春のうららの穏やかな日に、
上田城の満開の桜を堪能し、車で一路「三水館」へ……。
温泉に浸かり、暖かな日差しにゆったりしていると、
夕飯にはまだ時間があったので、宿の方に聞いてみたんです。
ロビーでワインを飲めないかどうか……。
その時に出て来たのが「小布施ワイナリー」の白ワイン。
僕、チョッと勉強して、ワインはそこそこ詳しいし、
日本のワインも可成り美味しいことは知っていましたが、
正直言ってしまうとあまり期待はしていませんでした……。
 
と、と、と、ところが!
何と豊かなワインなんでしょう!親友と2人でビックリ仰天。
勿論、知っていました。日本のワインが凄いこと。
ただし、輸入の外国産に較べてチョッとお値段が張る……。
そんなイメージがあったことも確かです。
早速、宿の方に聞いてみました。分けて貰えるワインはあるのかどうか……。
残念ながら本数が非常に少ないので申し訳ありませんとのこと。
それでは仕方ない、帰ってから自分で調べて買うとしますか……。
 
ところが……それから何年もトライしてみるのですが、
本当に買えないんです。扱っている店も何件か当たりましたが、
タイミングが悪いのか、いつも売り切れ状態……。
それから次の「三水館」の訪問の時も、
また今回も、分けて貰えるかどうか聞いてみますが、
見事に玉砕(笑)でもね、フと思ったんです、
日付が変わって、明日は須坂の「ガーデンソイル」に行くことになっています。
須坂と小布施……もしかしたら近いのかも!
あけに良くからかわれるんです。
 
 「ブノ。ちゃんの土地の感覚はおかしい。」って。
 
だって、長野は長野だものねぇ(笑)
 
早速、地図を調べてみてニンマリしちゃいました。
車でスグのところだったんです……胸を張って運転手のあけに命令。
心ウキウキ、買う気満々、意気揚々と「小布施ワイナリー」に着いてみれば、
な、な、な、なんと!本日休業……って!
 
 「誰のせい?」
 
桜が五分咲きのときは笑って済ませられたけど、
わざわざやって来て本日休業とは如何に?
マジで誰のせい?この怒りと鬱憤、誰にぶっつけてくれよう。
勿論、悪いのはあけに決まってる!(笑)
危うく殴り合いになりそうでしたが(笑)
看板に書かれていた近隣の取扱店に行ってみることに……。
ほの暗い店内に入ってみて、目を凝らしてみると……。
あるある!あるぅぅぅぅぅぅ〜っ!可成りの種類が置いてある!
もうね、興奮ね(笑)本当に本数が少ないらしく、
1品種につきお一人さま1本ずつだそうです。
でもね、嬉しかったんです。念願叶ってようやく買えるんだもの!
しかも値段も手頃と来ています……。
結局、白を2種類、赤を2種類、スパークリング、
それからさっきランチを食べたレストランで飲んだ「小布施ワイナリー」の日本酒……。
都合11本もの「小布施ワイナリー」の酒をゲット!
もう興奮(笑)自然と浮かぶ薄気味悪い笑顔、
けけけけけ……いひひひひ……くくくくく……うふふふふ……。
我慢しても出てしまうくぐもった笑い声(爆)
願い事をするなら今だよ!……とばかりの機嫌良さ。
 
今は後生大事にキッチンに置いてありますが、
いずれはそれぞれのワインに合った料理を作って楽しみましょう。
器が料理にインスピレーションを与えることもあるけれど、
またワインも然り。ワインに合った料理……果たして出来るのか?
素晴らしいワインです、どんどんインスピレーションを貰えそう。
それらの料理はまたの機会にご紹介しますね。
 
 
2019年5月7日

ブノワ。

★Copyright © 2005~2019 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 向き向きの花束。

全員、敵!(大激怒) 

2019/05/06 Mon.

IMG_3913.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
巷は連休最終日とかで大騒ぎしていましたが、
僕は何と9日まで休みになったので、今朝は比較的ゆったりと起き、
外猫のとくちゃんにご飯をあげていました。
ご存知の通り、とくちゃんは我が家の玄関の中に入って来てご飯を食べます。
扉は完全に閉めず(我が家の玄関は引き戸。)チョッとだけ開けた状態でお食事……。
夢中でご飯を食べながらも、時折、後ろを振り返って、
扉が開いているかどうかを確認します……可愛い。
 
ハグハグアグアグ……。
息もせず夢中でご飯を食べるとくちゃんの背中を撫でていて、
玄関扉の格子状になった曇りガラスの外に目をやれば、
前の家のお母さんが路地を掃き掃除してくれています……。
あぁ……申し訳ないな。そう言えば、そろそろ薔薇も咲き始め、
早いものはハラハラと花弁が散り始めています……。
 
すると…………。
お母さんはいきなり長い箒を持って、
玄関の上の方で咲いている薔薇を叩き始めたのです!
叩いて花びらを払い落としてさらに掃き掃除!
 
 「おい!何やってんだ!」
 
ガラガラガラっ!
とくちゃんがご飯を食べていることなんかスッカリ忘れ、
突然、扉を開けて鬼の形相で仁王立ちのブノワさん。
突然、玄関が開いて鬼が現れたのでビックリの母さん。
 
 「毎日〜こうして掃除してるのよ。」
 
嘘を吐いちゃいけないぜ、オバさんよ!
引っ越しして来て10年にもなるけど、
アンタが掃除しているのなんか見たことないぜ。
雪掻きだって一回もしたことないじゃない(苦笑)
これでも僕、昔は瞬間湯沸かし器でしたからねぇ……。
久し振りに怒髪天を突きました。一気に120度!
本当に腹が立つ。人さまが丹精込めて育てている花を、
汚ったない箒で払い落として掃き掃除するバカがいるかねぇ?
自分だって家の前庭で花を育てているじゃん。
本当に花が好きなのかな?散々、文句を言って、
2度とやらないようにキツく言い渡して一旦はドアを閉めたけど、
さすがに腸が煮えくり返って収まりがつかないので、
もう1回ドアを開けてさらに文句言ってやりました。
何て言ったのかはここには書かない。結構、キツく言ったから(笑)
でも、安心して。毒蝮三太夫にはなっていないから(爆)
オバさん、アンタを掃いてゴミ袋に入れて捨てたいわ(怒)
 
 
ここに越して来て10年になろうとしています。
古くからの下町……路地、路地に変わり者のババアがいて、
そっと覗いてみれば、路地、路地に野良猫がいる……。
人間関係も面倒臭いですね。いきなり神社が金を徴収に来たりね。
知るか!そんなもん!で、追い返しましたけど(笑)

お星さまになったカトリーヌや、今ウチにいる子供のデブリーヌのことで、
はす向かいに住む個人病院の院長夫妻と大喧嘩したし(笑)

唯一、比較的良好な関係だった前のお母さんのことも、
とうとう怒鳴りつけちゃった。
もっとも、このお母さんも可成り変わった人で、
前にもカトリーヌ一家のことで凄い光景を目撃したこともあるから、
よくぞ今までこじれずにいたもんだとも思う部分もあります。
同居している僕と同世代の息子も気持ちの悪いヤツで、
50面下げていまだに独身。ママにデカパン洗って貰っている!
近隣でなるべく事を荒立てたくないからこっちも我慢していることは沢山あります。
80歳を過ぎて矍鑠としているお母さんは日本舞踊をやっています。
早朝の4時、5時から端唄だの小唄だのが結構な大音量で聞こえて来るの(苦笑)
とうの昔に耳が遠くなっているから家電で話す声のデカいことと来たら!
オバさん、オバさん、内容丸聞こえだよ(苦笑)
地域に溶け込むってそう言うことなんだと我慢している部分もあります。
こちらも我慢しているし、相手も我慢している部分も沢山あるでしょう。
普通に広めの道路に面した関係じゃなくて、我が家の辺りは路地です。
これがまた微妙に煮詰まった濃ゆぅい関係になる(苦笑)

かと思えば、通りがかりに挨拶をして行くお嬢さんや、
路地を出たところの一家の上品なおばあさんと奥さんは、
会話もしたことないのにニッコリ挨拶してくれます。

 「綺麗に咲いたねぇ!」

いつも声を掛けて前を通って行く老夫婦とか……。

ここに越して来て10年……。
下町のいいところも悪いところもイヤと言うほど知りました。
前の家のお母さん一家とは、挨拶はするけれど、
なるべく顔を合わせないように、鉢合わせしないように、
お向かいの玄関先を伺いながら出入りしているのだけれど、
これで完全に決裂!(笑)向こう三軒両隣り全て敵!
敵じゃ、敵、敵!もう全員、敵!(怒)
本当にイヤ、色々な事情で納得してここに越して来たけれど、
こんなところ引っ越しちゃいたいです、本当にウンザリ。


今日の写真は満開の「Mme.Alfred Carrière」。
僕のただ結わいて留めるだけのナンチャって誘引でも綺麗に咲いてくれています。
前のババアに払い落とされるまではね(怒)
 

2019年5月6日

ブノワ。

★Copyright © 2005~2019 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 4
TB: 0

page top

2019-05